ヘッドライト純正HIDバルブ交換DIY

2017年9月17日

HIDバルブ(バーナー)の価格

愛車VOXY(AZR60G)の左側ヘッドライトが走行中に消灯。スイッチを入れなおすと再点灯するため、「まあいいや」と数ヶ月間放置していましたが、消えるサイクルが次第に短くなり結構なストレスに。そろそろ交換せねばと、数年前同様にディーラーで修理した際の明細を確認したところ、片方だけで1万4千円もかかっていてビックリ。

もう15年目の車。次期車検は通さないつもりなので、これ以上お金をかけたくないというのが本音。かといって現状では整備不良で違反になるだろうし交換は必要。自分で交換すれば安くあがるかもとネットでHIDバルブを探してみたところ、驚きの価格。

 

バルブ交換は初めてですが、ボンネット開けりゃなんとかなるだろということで買ってみました。なんと左右両方で2,300円、安~い!

D2Rタイプ (6000K)

 

4300K(ケルビン)と6000K以外は車検対応じゃないんですね。現状よりちょっと白っぽくしたかったので6000Kを選択しました。あまりにも安すぎるため「この商品、本当に大丈夫なのか?」という若干の不安はありましたが、PHILIPS社のOEM商品とのことで購入。

 

HIDバルブ交換

ボンネットを開け、ヘッドライト裏側の丸いカバーとその中にあるコネクタ、そして写真の固定金具を外せばバルブを引き抜けます。

 

問題のバルブです。点いたり消えたりを繰り返していたのは、ガラス部分にヒビが入っていたのが原因。ただしバルブではなくバラストが原因で点かない場合もあるようなので見極めが必要です。私は原因を特定するため、正常な右側のバルブを左側に取り付けてみて確認しました。

 

こんな状態に。よく今まで点いていたものです。

 

右側は問題ないのですが、購入したものとは色温度(ケルビン)が異なるため両方とも交換します。今までのものはちょっと黄色がかった感じの色でした。

 

無事交換完了。ワット数は35Wのままですが、以前より白くなりずいぶん明るく感じます。もっと早く交換すればよかったと後悔。

商品を検証してから記事をアップしたかったので、交換したのは3ヶ月前の6月。今のところ問題は発生しておりません。

HIDバルブの交換は意外に簡単なので、興味のあるかたはチャレンジしてみては?

スポンサーリンク